子供 視力回復

サイトマップ

子供が仮性近視になったらもう遅い?


子供の視力が低下して仮性近視と診断された

ある日学校から子供の視力が低下していることを知らされる。

「黒板が見えていないようです...」

慌てて眼科に連れて行く「仮性近視かもしれませんね」との診断

ミドリン等の名前で知られる拡瞳点眼液でしばらく経過を見ましょうと告げられる。

問題はまさにこの時点が判断の分かれ目になるのです。

ここで眼科医の言うとおりに毎晩、眼のピントを調整する筋肉を麻痺させる点眼薬を続けて様子を見るか、子供に視力回復のためのトレーニングを行うかで、お子さんの運命が大きく変わってしまうかもしれません。

実は眼科の処方した点眼液に頼って、仮に視力が良くなったとしても、元の視力には戻りません。それどころかやがてまた視力は低下して同じことの繰り返しになる可能性が高いはずです。

ではどうすれば良いのか?

もしまだ仮性近視の段階なら、すぐに視力回復トレーニングを行えば視力は戻ります。そして回復した視力をこのまま維持することが可能です。

しかし子供にはどの視力回復トレーニング法でも良いというわけではありません。

子供が仮性近視になってしまった理由


子供はDSやPSP等の小さな発光画面が大好きです。



しかしこれは近くを長時間凝視する事になりますので、最も眼を悪くする原因です。

近くを見続けるため、眼のピント調整機能を果たす筋肉が緊張して固くなってしまうのです。

この筋肉が硬くなってしまったために、遠くを見るときにピント調整できなくなってしまうのが近視です。

仮性近視とはその筋肉の硬直が一時的な状態であることで、まだ完全に固くなってていない状態を言います。

このままの生活習慣を子供が続ければ、やがて眼の調整筋は固まってしまい近視が確定します。そうなるとあとは何年か毎に度の強いメガネに買い替えてゆく人生を過ごすことになりま す。
実は近視になる子供の年齢が低ければ低いほど、将来網膜剥離や緑内障といった重症の眼病にかかる確率が高くなるとのデータが発表されています。通常の子供と比べて最大で2倍もの 危険性があるのです。

子供の視力低下を予防するには生活習慣の見直し、近くばかりを見続ける習慣を改善し、遠くのものを凝視するなどをして眼の調整筋の柔軟性を保つことが大事と言われています。

しかしすでに仮性近視になってしまった子供は手遅れになる前に、視力回復のトレーニングを行うことを迷わずおすすめします。

楽しみながらできる視力回復法



長続きしない子供でもできます


子供はゲーム機などには依存症になりやすいですが、そういうお子さんほど勉学などの集中力は散漫になる傾向があります。

だから視力回復トレーニングも、お子さんが飽きずにできる簡単で高価の上がる方法が良いのです。


この子供のための視力回復トレーニング「アイトレイニング」は

子供が自分で楽しみながら簡単に出来るように考案されています。

毎日13分、壁に吊るした「ブロックストリング」という視力回復のためのアイテムを音楽に合わせて使うだけです。


難しい複雑なトレーニングや面倒な体操ではありませんし、ブロックストリング以外は器具なども必要ありません。


この方法は田中謹也という愛知県小牧市のある視力回復インストラクターが、彼の経験と実績をもとに、さらに悲痛な思いも引き金となって考案・開発された、確実性の高い「自宅でお 子さんが自分で楽しみながらできる」視力回復トレーニング法です。

後悔から生み出された視力回復トレーニング


母親の後悔 もう子供の視力のことで悩まない

この21世紀の最新式アイトレーニング理論を生み出した視力回復インストラクター田中謹也は、以前に苦い思い出があります。

彼の実店舗に、ある母子がカウンセリングに来た時です。その時、その子どもの視力はまだ視力回復ができる状態だったといいます。
ただし彼のトレーニングの費用は当時入会金等も含めて5万円を超えるものでした。その母子は費用と小牧まで通うための交通費やら時間を考え諦めて彼のもとを去ったそうです。

しかし数カ月後やはり何をやってもダメだったらしく、再び彼のところを訪ねたそうです。しかしその時にはもう手遅れでその子の視力は0.8までしか戻らなかったそうです。

治せるものを治せなかった、これが彼の後悔の念となり、誰でも自宅に居ながらにして、費用もあまり負担にならない程度、メガネ代よりも安くすむ程度の金額で提供できる、視力回復 トレーニング法を開発したのです。


もしあなたが、お子様の視力低下のことで責任を感じてしまっているなら

そしてそのことを今後も引きずってしまうと感じているなら

今日からは、もう悩まないですむかもしれません!



仮性近視を治す

子供の視力低下は親の責任


子供の視力は親が守る

子供の視力低下は親の責任です。遺伝?栄養の偏り?様々な原因に思いを巡らせ、これまでの子育ての後悔と罪悪感に苛まれてしまいます。仮性近視と診断されても、眼科の診察だけ を頼ることは危険です。子供が目を一時的に悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。
子供には視力 回復トレーニングが有効なのです。

眼科に頼るならミオピン等の点眼薬が淡い期待を持たせてくれます。まだ初期段階の仮性近視なら視力はある程度回復することも稀にあ ります。実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。しかしある程度続けないと効果はでないとさ れています。
いわゆる近くを凝視することで固まりかけた、硬くなりかけた目の調整機能をつかさどる筋肉を麻痺させて一時的に弛緩させる物ですが、これを一旦点眼すると、今度 はピントどころか、瞳孔の調整もできずに開きっぱなしになるので下手をすると網膜を痛めてしまいます。
子供の仮性近視状態の視力低下は視力回復トレーニングでもとに戻せます 。



眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時 点では覚悟ができてしまっていて諦めの境地ということになってしまいます。ここでしぶとい親なら諦めずに子供のためにまだ何とかしようとするでしょう。悪あがきですか?実のとこ ろは無駄ではないかもしれません。あなたが知らなかった真実(子供のための視力回復トレーニング)があるかもしれません。

実は仮性近視は眼科へ通い続けても良くなり ません。近視は病気ではないと割り切っている眼科医がほとんどのような気がします。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネと いうパターンが多いからです。何故でしょうか?


あなたが知らなかったかもしれない「子供の視力回復トレーニング」があります。これは現役の眼科医もその効果を認め、自分の子供にはこの「子供のための視力回復トレーニング」を 実践させるために、視力回復インストラクターの田中謹也氏を頼ったという驚きの事実があります。眼科医も他人の子供にはメガネを勧めても、わが子のこととなると話は違うようです 。

仮性近視の原因と予防


子供の視力回復は 生活習慣から


仮性近視の原因は、近い距離にあるものに集中しきってじっと焦点をあわせすぎてしまうことにあります。
テレビやゲームはもちろんのこと、裁縫や読書でも、それは起こりうるといわれています。
熱中してのめりこんで長い間目の前のもの(手元のもの)しか見ていないと、その後我に返っても水晶体はなかなか元の状態に戻ってくれないのです。
目というものは、近くのものを見るときには筋肉をフル活用して水晶体を厚くさせています。
これは実は、目や目の筋肉にとって、かなり負荷がかかっている状態です。それを長時間続けるのですから、目の緊張状態がとけにくくなってしまったり、疲労で物が見えにくくなったりしても不思議ではありませんよね。
そんな仮性近視ですから、予防・対策には、とにかく熱中して近くのものを見続けないこと、が大切です。

つまりは生活習慣の見直しといえます。
日頃、パソコンやゲームを何時間も行うような環境に身を置いていないか、もしそうだとしたら、きちんと時間を区切って計画をたてておくのが必須です。キッチンタイマーをつかって十分おきにほかのことをしたり遠くを眺めるようにするなどの工夫も有効でしょう。

仮性近視は、放っておくと本物の近視につながっていく症状です。また一度よくなったとしても再発しやすいという特徴もあります。甘く見ずに、軽い症状のうちに生活習慣を改めるのが吉です。


「子供の視力回復 仮性近視の原因と対処」について

子供が仮性近視になってしまったら、眼科医では治りません。取るべき策としては様々な視力回復法がありますが、飽きやすい子供が長続きするものは殆どありません。そんな中で子供の視力回復の可能性が非常に高いと感じた子供の視力回復トレーニングを紹介します。

Copyright © 子供の視力回復 仮性近視の原因と対処. All rights reserved